*WordPressのプラグインを使用して、Amazonのリンクを見やすくしてみました

常々気になっていたことを解消してみました

WordPressに手を出してから早一年近くですが、
全く使いこなせてない感が満載の当ブログです。

それが顕著に現れているなぁと思うことの一つが、
Amazonアソシエイトのリンク画像でした。

収益とか、そこまで期待はしていないのですけれども、
見栄え的にもクリックする気が失せるなぁという感じです。

それを今回、Wordpressのプラグインを使用して解消してみました。

AmazonJSを使用して、Amazonのリンクを見やすくする

通常のアソシエイトから貼るリンクはこのようにシンプルですが読みにくい上に、
なんだか浮いているように見えます。

しかし、AmazonJsを使用するとこのような感じになります。

すごく見やすいです。

手順は少しめんどくさいですが、

簡単な流れ的には、

  1. WordPressのプラグインの新規追加から、Amazonjsをインストールする。
  2. Amazon.comよりAmazon Product Advertising APIアカウントを作成する
  3. APIのアクセスキーとシークレットアクセスキーを取得する
  4. Amazonアソシエイトに登録
  5. WordPressの設定から、アクセスキー、シークレットアクセスキー、アソシエイトのトラッキングIDを入力

と言った感じですが、2から3にかけてが特にわけが分からなかったです。
通常お買い物をしているAmazonと、Amazon.comが違う上に英語で書かれているのでかなり混乱しました。
(お買い物しているのは、Amazon.co.jpなんですね)

ので、参考にした記事を載せておきます。

特に、Amazon.com内での登録の箇所などを翻訳して載せてくださっているので大変分かりやすかったです。

なんとか手順を踏めたものの、リンクが貼れない…!!

長い道のりを得てなんとか出来たと思ったら、リンクが出来ません。

Amazon Product Advertising APIのエラー

RequestThrottled

AWS Access Key ID: ○○○. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

Amazon.comとAmazon.co.jpで登録したメールアドレスが違っていたからかなと思い変更もしましたが…

連続して検索をかけたり、登録した直後に始めたから?なのでしょうか。
少し時間をおいたら、できるようになりましたが出来たり出来なかったりです。
…割りと強引に、検索キー連打してると表示されるようになったりしました。

この辺りは、解消方法見つけましたらまた更新したいと思います。

楽しいアソシエイトライフを送りたい

早速過去記事を更新してみました。
最近やたら閲覧数が上がっている、Procreateの記事です。

AmazonJsと同時に、Ituneアプリのアフィリエイトも始めてみました。
それにともない、アプリへのリンク画像も見やすいWordpressのプラグインを入れてみたので
後日そちらも記事に書いてみたいと思います。

Share
Lichtmuhle/小野 りひと
スポンサーリンク
広告
スポンサーリンク
広告
トップへ戻る