*人生初のどうぶつの森を始めてみたお話

とりあえず、はじめてみました

今まで全く興味のなかったどうぶつの森。
11月22日のアプリ版発売を機に始めてみました。

闇深いという話も聞いていましたが、今一つ何をすればよいのかわからないゲームの一つでしたが、
やってみればなかなか面白いです。

ちなみに私は、ポケモンGOに引き続き、iPadで遊んでいます。
PRO9.7ではとりあえず動作出来ましたが、
何故か音が出ません。

No BGMです。

これは自分の設定が悪いのか挙動がおかしいのか…

とくに不便はないので良いのですが、基本的に家で遊んでいるので
BGMは欲しいなとは思いますので後程確認してみます。

思えばポケモンGOもタブレットで動作保証していなくて、
最初のころはBGMが出なかったような気がします。
行く行くは改善されるのかなとは思いますが…

わかったことその1

貢ぎゲーだという事。

ただひたすらに、どうぶつたちの欲しいものを聞き入れて貢いで行きます。
見返りはあるけれど、木を揺らし、釣りに明け暮れ、虫を追い続ける日々で、
こっちの労力の方が半端ない気がします。

わかったことその2

動物たちの頭がおかしい。

まず、語尾がおかしい。
語尾がおかしい。

そして、病んでる。

虫たちに向かい歌い続ける住人…
強制リサイタルでしょうか?

わかったことその3

強制的に借金をさせられる。

キャンピングカーのカスタマイズが出来るのですが、
最初に料金表示がありません。

何故見積もりを出してくれないのでしょうか?

カスタマイズ後に、数万単位の料金を請求され、ローンを組まされます。

恐ろしいです…

わかったこと、その4

夜中にやると、謎の買い物をしたくなる。

よくわからない壺や皿などが売り出されているのをみると、
うっかり買いそうになってしまいます。

ただでさえ無駄遣いが多いのに、趣味に合わないものにまで手を出したら
本当に破産ですね。

推しはやはり、小動物

自分のキャンプには、やはり小動物系を多く住まわせています。
このリスが可愛いです。

好きなように出来るキャンプ

行く行くは緑一杯のファンシー系的な空間にしたいと思います。


ノマドワーカーっぽくパソコンなんぞを置いていますが、
仕事しながら寝てしまっているハムスターの絵を撮れました。

アップデートで洋服を作りたい

アバタースキーの自分としては、早く自分の好きなように洋服をいじりたいです。
時間替わり?でショップが出るのですが中々自分好みのが出てこないので…
自由に選びたいところです。

フレンド申請歓迎です


twitter連携もしているので、そちらからのが簡単かもしれません。
申告不要ですので、お気軽にどうぞ。
出稼ぎに鉱山のお手伝いもします。

Share
Lichtmuhle/小野 りひと
スポンサーリンク
広告
広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


トップへ戻る