*ロリポップの無料独自SSLでサイトをSSL化しました

スポンサーリンク
広告

重い腰を上げて、サイトをSSL化しました

とっととやらなくてはいけない問題だったのですが、なんとなくめんどくさそうな感じがして
後回しにしていましたサイトのSSL化。

ゆるい更新の雑記ブログとはいえ、一応アドセンス貼ったりしているので、Googleさんの言うことは聞かないといけないなぁとは
思っていましたが。

調べてみると、利用しているロリポップ!
無料で独自SSL証明書を発行しているとのことで、更新を決意しました。

変更にあたり、下記のサイトの手順を参考にさせていただきました。
とてもわかり易く手順が記載されていたので、私でもできました!←重要

これからロリポップでSSL化しようと思う方は参考にしてみてください。

WordPressのバックアップ

まさかのバックアップを取り忘れるというミスを犯しましたが、
特に大きな影響がなかったので良かったです。

プラグインの「BackWPup」を使用する形になりますが、このブログのテーマ変更もいつか行いたいと思っているので、
その際に利用したいと思います。

リダイレクト設定ってすごいなぁ

リダイレクト設定
無知なのでURLが変更になるということは、まだ大量にある名刺や作ったばかりのポートフォリオのアドレスが
httpのままなので、トップにリンク貼ったりしなくてはいけないのかな?面倒だなぁ。
とか、思っていましたが。
リダイレクトの設定が出来ると知って、これも今すぐに更新しようと思った理由でした。

ブログファイル内にいつの間に追加されていた「.htaccess」というファイル内のソースコード一番上に

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

と書き加えるだけでした。
ブログファイルにのみこの「.htaccess」があったので、私の場合はサイトのファイルにもコピーをして対応しました。

どちらもhttpのURLからhttpsのURLにスムーズに遷移しました。
面白いです。

また、ブログ内のhttpから始まるリンクも、WordPressプラグインのSearch Regexを使用して一括で変更しました。

サイトの表示崩れなどが起こってしまった

ブログの方は特に影響がなかったのですが、サイトのトップページの
スライドが表示されなくなってしまいました。

【<script src=”http://apis.google.com/js/platform.js” async defer>{lang: ‘ja’}</script>】
のhttpの箇所を
【<script src=”//apis.google.com/js/platform.js” async defer>{lang: ‘ja’}</script>】
と、//以降を記述する形で解決しました。

参考にしたサイトは下記になります。

その他表示崩れが発生しましたが、CSSをいじってなんとか元通りに。
原因は不明ですが、久々にソースを見てみても、もうかなり時間が経ってるないようなので、
一度全面工事しないとなぁといった感じです。

ついでにブログもなんとなく整理してみました

過去記事のリライトにヘッダー画像の変更。
タイトルももう少し見やすく修正予定です。

今年は漫画の更新もコンスタントに今の所できているので、
ブログの更新も定期的に行っていきたいです。
来年には有料テーマに更新出来るのを目指して運営していきたいですね。



スポンサーリンク
広告
トップへ戻る